年長の子どもたち、いつもの活動の後は玉入れです。前回と似たような活動ですが、難易度はずいぶんと上がっています。

療育

年長の子どもたち

はればれに通いだしてから

行動面ががらりと変わっています。

 

ルールを守ったり

譲り合ったり

助け合ったり

思いを伝え合ったり

以前は、このようなことが苦手な子どもたちですが

今は、活動の中でできるようになってきました。

 

さて、今日は玉入れ。

前回と同じような活動ですが

前回はポンポン

今回はカラーボール

 

ポンポンの時は、適当に投げていても入りましたが

カラーボールは、力の加減をしないと入れることができません。

年長の子どもたちでも、力の加減をして投げるのは難しいですが

何度も挑戦して、最後は前夫の玉をかごに入れることができました。

 

#児童発達支援 #放課後等デイサービス #はればれ #ことばの遅れ #自閉症スペクトラム #学習障害 #3歳 #4歳 #5歳 #奈良市 #発達障害 #療育 #数の理解 #数を数える

コメント

タイトルとURLをコピーしました