年中の子どもたち、ボール拾いゲームです。先生の出すクイズに正しく答えながら、数やひらがなの読みの土台を育てています。

療育

年中の子どもたちの活動の中で

繰り返し繰り返し取り組んでいるのが

ボール拾いゲームです。

 

先生が出すクイズに答えて

自分でその数だけボールを拾います。

速さを競うものではありませんが

子どもたちは、自分で考えて

ボールをさっと拾いに行きます。

すごい集中力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました