年中の子どもたちのクラスで、繰り返しことばの音の数をしっかり数えることができるように練習しています。

ブログ

はればれの療育プログラムは

小学校へのスムーズな移行を目指して作っています。

 

年中の子どもたちは

来年度の年長のクラスになったときに

ひらがながうまく読んだり書いたりできるための

土台作りをしています。

 

そのためには、

どんな力を育てたいのかを明らかにして

その力をつけるために

楽しみながら繰り返し練習をすることが大切です。

年中のクラスでは

動物・水の生きもの・虫・乗り物などなど

いろいろなことばにふれながら

ことばの音の数を数え瑠練習をしています。

 

この活動、

しっかり先生に注目したり

音をしっかりと聞く力も合わせて育てることができ

子どもたちの集中力も高めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました