児童発達支援はればれの療育は、前半は体を動かし大きな体の動きを高めます。

ブログ

児童発達支援はればれの療育は、前半に大きな体の動きを高めるために、サーキットやリトミックを行っています。

 

初めに行うサーキットでは、きちんと順番を守ってサーキットを行います。

きちんと整列をした後、サーキットスタートです。

ジグザグジャンプやクマ歩きなどで体幹を鍛えます。

 

体を動かす活動の後半はリトミックです。

音に合わせて、走ったり歩いたりジャンプをしたり・・・。

初めに決めた約束を守って活動します。

音をしっかり聞くためには集中力が必要です。

動きを素早く変えるためには即時反応力が必要です。

ピアノを使って、子どもたちのいろいろな力を高めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました