年長の子どもたち、ボールの扱いが上手になるように、ボールをリズムに合わせて投げたり受けたり。その後は、風船つきを楽しみました。

療育

年長の子どもたち

ボールがうまく使えるように

大きなボール付きから練習をしました。

 

リズムにあわせて、ボールをつきます。

飛んできたボールをしっかり受けます。

簡単そうですが、リズムに合わせるのはとっても難しいです。

 

しっかりボールで楽しんだ後は、風船付きです。

風船はゆっくりとしか動きませんが

風船を追う目の動きが、ボールを追う目の動きにつながります。

そして、その先は文章を読む目の動きにもつながります。

 

みんなで楽しみながら、いろいろな練習をしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました