午前の親子での活動。しっかり体を動かした後はぽっトン落としです。お気に入りの活動で、自分のことばで気持ちを伝える練習です。

療育

午前の親子の活動の時間

はればれに通うのもなれてきて

だんだん積極的に活動ができるようになってきました。

 

リトミックや手遊び、サーキットなどで体を動かした後は

手先の細かな動きを高める課題、ポットン落としです。

 

とっても好きな活動なので

何度もやりたいです。

手元に入れるものがなくなると

先生に「ちょうだい」とことばとジェスチャーで伝えます。

はじめは、先生に教えてもらいながらで下が

何度もやるうちに、自分気持ちを伝えることが何度かできるようになりました。

先生にもらった後は「ありがとう」も言えました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました