年中の子どもたち、指先を使う練習をしながら、数を数えたりする練習をしました。

療育

はればれに通うお子さんの中には

指先を使った細かな動きが苦手なお子さんがいたりします。

鉛筆を上手に持つためには

指先でつまむということが上手にできることが大切です。

今日の年中組さんの活動では

リトミックを楽しんだ後

指先でつまむという活動をしながら

数について理解を深める練習をしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました