思考力を高めるために、「ちがうのなどれ?」と聞いています。子どもたちの発想はすごいなと、感心させられることがあります。

ブログ

年長の子どもたちの療育では、子どもたちの思考力を高めるために「ちがうのはどれ?」と、子どもたちにたずねています。

 

絵カードの並べて、子どもたちに考えてもらいます。

上の3枚の絵カードの中で、違うのはどれでしょう。

皆さんなら何と答えますか?

アゲハとミツバチは花の蜜をすいますが、トンボは虫などを食べるので、違うのはトンボと答えを予想して子どもたちに聞いてみました。

予想通り、「トンボ」と答えてくれましたが、一人の子は「ミツバチ」と答えました。

「どうして?」と聞くと、理由を話してくれました。

なるほど、と思いました。

どんな理由だったと思いますか?

 

「ミツバチは巣をつくるけど、チョウチョとトンボは巣をつくらない。」

と、理由を説明してくれました。

答えてくれたのは、はればれに通ってくれている虫博士です。

 

こどもの思考力はすごいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました