就学前のお子さんはリトミックで療育を行っています。音楽を使った活動ですが、運動量はものすごく多いです。

児童発達支援。放課後等デイサービスはればれでは

就学前のお子さんにはリトミックで療育を行っています。

 

音楽を使った活動をイメージすると

あまり体を動かさないイメージを持たれていませんか?

 

幼児期の療育でよく言われるのが

感覚統合で体幹を鍛えましょうというアドバイスです。

体幹を鍛えるには、体を支える筋肉を発達させることや

感覚統合で言われる、固有感覚や前庭感覚の発達を促すことで

子どもたちが、自分の体を上手に使うことができるようにしてあげることなのです。

 

はればれで行っているリトミックでは

音楽を使いながら、これらの要素を取り入れた療育を行っています。

ですから、子どもたちはお風呂に入ったように汗びっしょりです

 

「先生、ちょっとお茶飲むわ。」

活動と活動の間には必ず子どもが言うことばです

 

はればれでは、動と静の活動を組み合わせながら

子どもたちの発達を促しています。


はればれでは、療育を通して子どもの発達を支援するだけでなく、親御さんの子育てをサポートします。
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ 阪本敏夫
奈良市菅原町377-4

 

療育
はればれをフォローする
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました