リトミックの中で、自分が大好きな惑星の動きを考えてくれたので、みんなでその動きを使いながら活動しました。

療育

はればれに通う子どもたちは、自分が好きなものをしっかりと持っているお子さんが多いです。

この日は、大好きな惑星の図鑑を持ってきて、活動が始まる前に

「木星は地球の11倍やねん。」などと

いっぱいお話をしてくれました。

 

さて、リトミックの始まりです。

音楽に合わせて、どの様な動きをするのか考えてくれました。

土星は、回す。

彗星は、フープを後ろに持って速く走る。

などなど

自分の考えをうまく相手に伝える練習を

リトミックの中に盛り込んでいます。

「その動きは、ちょっと難しいからできないね。」と言うと

「じゃあ、こうしたらどう。」

自分の考えを言ったあと、周りの人の意見を聞いて

自分の意見と折り合いをつける。

子どもたちが生活をしていくうえで大切な力を

リトミックの中でも育てています。


はればれでは、療育を通して子どもの発達を支援するだけでなく、親御さんの子育てをサポートします。
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ 阪本敏夫
奈良市菅原町377-4

療育
はればれをフォローする
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました