子どもたちの自己有能感を育てるために、子どもたちひとり一人に役割を持ってもらって療育をすすめています。

療育

小学生のリトミックのクラス

音符を使ってことばのリズムをつかむ練習をしています。

 

四分音符、四分休符など音符を

手をたたいたり、休んだりして

体を使って表現することを通して

ひらがなの表記につなげています

学年が違う子どもたちなので

子どもたちひとり一人のねらいはちがいます

教える係や合っているかどうかを確認する係など

ひとり一人に違う役割をもってもらって

子どもたちの自己有能感を高めたいと思っています


はればれでは、療育を通して子どもの発達を支援するだけでなく、親御さんの子育てをサポートします。
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ 阪本敏夫
奈良市菅原町377-4

療育
はればれをフォローする
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました