リトミックのゲームを通して、ひらがなの読み書きにつながる力を育てています。

療育

年長の子どもたちのリトミック

いつものように曲に合わせて動きの表現からです。

 

えほんの中に出てきた

お化けになったり

ゾウになったり

自分を表現するリトミックの終わりは心を静かにします。

自分で自分の気持ちを落ち着けるコントロールの練習です。

 

さて、後半の始まりです

音の長さを音符で確認です

先生が引く音はどの長さでしょう

楽しくゲームをしながら活動です。

 

小学校に入ったとき

ひらがなの読み書きにつまずくこの中に

ことばがいくつの音でできているか分かりにくい子がいます。

その様なお子さんは、ことばの拍をとることが難しいです。

この力を育てるために、はればれでは音符を使って

音の長さが意識できるように療育を行っています。

はればれの就学前のお子さんの療育では

小学校につながる力を

みんなで楽しみながら育てています。


はればれでは、療育を通して子どもの発達を支援するだけでなく、親御さんの子育てをサポートします。
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ 阪本敏夫
奈良市菅原町377-4

 

療育
はればれをフォローする
児童発達支援 放課後等デイサービス はればれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました