小学生のリトミックの時間には、特殊音節のあることばを音譜で表したり、ピアノを使ってその音符をひき、それに合ったことばを見つけるゲームをしています。

小学生

小学生のリトミックの時間では

特殊音節のあることばを

音譜で表したり

それをピアノで弾いて、

それに合うことばを見つけたりするゲームをしています。

子どもたちの中には

勝ち負けのあるゲームが嫌いであったり

負けるのが嫌いであったりする子がいます。

 

ゲームで負けたときにイライラして

「もうやらない。」となると、

小学校の中ではみんなとうまく過ごすことができません。

はればれの小学生リトミックの中では

子どもたちの社会性を高めることもねらいにしています。

 

はればれに通い始めた頃には

このような活動が苦手だったお子さんも

今では楽しくゲームができるようになってきています。


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました