人差し指と親指でつまむという練習が、正しい鉛筆を持つ指の動きにつながります。

ブログ

1年生の教室を回ってみて気になるのが、正しく鉛筆を持つことができていない子が多いことです。

正しく鉛筆を持つためには、人差し指と親指で鉛筆をつまむと言うことができないと正しく持つことができません。

 

はればれでは、療育の中に指先をしっかり使ってつまむということを繰り返し繰り返し練習できるように、工夫しています。

今日は、トングを使って挟む活動の中でつまむという練習もしましたあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました