児童発達支援はればれでは、小学校につながる力をしっかりと育てる療育を行っています。

ブログ

児童発達支援はればれの療育は、子どもたちのソーシャルスキルを高めるために、活動の中に他者意識を育てる活動を盛り込んでいます。

 

今月のサーキットでは、風船運びを取り入れました。

二人で風船を運ぶ活動ですが、お互いに力の入れ方を考えながら動かないとうまくできません。

動く速さも、二人で合わせる必要があります。

難しいですが、子どもたちはしっかり活動できました。

水曜日クラスの年長の子どもたち、リトミックの活動もばっちりです。

ピアノのリズムに合わせて、自分の身体の動きもきちんとコントロールすることができました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました