児童発達支援はればれ、午前の親子療育の時間では、毎回、手先の課題を行っています。

ブログ

児童発達支援はればれ、午前の親子の時間に来ている子どもたちの時間では、毎回、手先の動きを高めるためにいろいろなものを使って練習しています。

 

指先の器用さは、親指側の3本の指を使ってつまむ動きがうまくできることが大切です。

えんぴつを使ったり、お箸を使ったりするときも、これらの指をうまく使ってつまむことができるようになる必要があります。

今日は、ボタンと留めてはらぺこ青虫をつくりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました