児童発達支援はればれ、みんなでサーキットの準備で自己有用感を育てています。

ブログ

児童発達支援はればれ、3歳児のクラスでは

サーキットの準備をみんなに手伝ってもらっています。

 

幼いうちから、お手伝いをすることを通して

子ども達にたくさんの「ありがとう」ということばかけをしています。

 

このようなことを通して、子どもの中に自己有用感を育てることを目指しています。

 

サーキットの準備が始まると、子ども達は順番に並びお手伝い。

先生の所まで運んでくれます。

準備ができたら、みんなでサーキット運動。

仲よく、楽しく活動しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました