年中の子どもたち、リトミックやサーキットで体を動かした後、ひらがなの読みの土台を育てたり、ゲームを通して、話を聞く練習をしました。

療育

体の使い方が苦手なお子さんは

いろいろな体の動きを繰り返し練習することが大切です。

 

リトミックやなーキットの中で

いろいろな体の動きを練習した後

あと1年半後の

小学校生活を見通して

しっかり話を聞く力を育てたり

ひらがなの読みの土台を育てたりしています。

ことばがいくつの音でできているかを

いろいろなカードを使って練習した後

 

赤と白のポンポンを使ってゲームです。

「赤、頭。白、頭。」などの指示を聞いて

その通りに動きます。

子どもたち、集中して楽しみました。

最後はみんなで玉入れです。

 

#児童発達支援 #放課後等デイサービス #はればれ #ことばの遅れ #自閉症スペクトラム #学習障害 #3歳 #4歳 #5歳 #奈良市 #発達障害 #ひらがなの土台 #療育 #数の理解 #数を数える

コメント

タイトルとURLをコピーしました