子育て

ブログ

はればれ親支援プログラムの2回目を行いました。今回のテーマは子どもの行動理解です。

はればれ親支援プログラムの2回目を行いました。 初めに、前回の宿題の発表をしていただきました。 子どもの行動でイライラすることはどんなことかをそれぞれの方に発表していただきました。 自分の怒りをコントロールするため...
ブログ

はればれ親支援プログラムをスタートさせました。

発達に心配な面があるお子さんを持った場合、どのように子どもと関わっていけばよいのか悩むことも多いのではないでしょうか。 そんな親御さんに、子どもへのかかわり方などを学んでいただくためのプログラム「幸せな子に育てる子育て」をスタートさせ...
ブログ

自己肯定感を育てる子どもの褒め方

子どもはほめて育てるのが良いとはわかっていても、どのように褒めればよいのか迷ってしまうことはありませんか。 「早くご飯を食べなさい。」 「早くお着換えしなさい。」 などなど、普段生活していると、叱ることの方が多くな...
ブログ

地域の幼稚園の教育講演会でお話をさせていただきました。

「自己肯定感を育てる子育て」という題で、幼稚園の教育講演会でお話をさせていただきました。 はればれに通ってくる子どもたちは、幼児期から学齢期にかけてのお子さんです。実はこの年齢の時に何を大切にして子育てされたかが、その子の将来...
ブログ

年中の子どもたちの段階から自己決定力を育てるように工夫しています。

子どもたちに育てたい力の一つに自己決定力があります。 自己決定力とは 自分のやりたいことを自分できめる力です。 子どもたちが大きく育つにつれ 自己決定力が育っている子は、自分のやりたいことを決めて行動...
子育て

「幼児期から学齢期にかけて育てたい力」を、奈良市の家庭教育講座でお話ししました。

小学校の教員時代から現在に至るまで たくさんの子どもたちに関わってきました。 そんな中で分かったことは 子どもたちの人生の中で一番大切な時期は 幼児期から学齢期であるということです。 では、その...
子育て

落ち着きがないなど、苦手なことを持っている子どもたちですが、よいところを見つけて認めてあげることで、子どもの行動はがらりと変わります。

子どもの行動を変えるにはどのようにすればよいか。 特別に子どもへの関わり方を学んでいないときは 悪い行動・気になる行動が出たときに叱る ということをしてしまいがちです。 叱っても子どもの行動が変わらな...
子育て

あたま こころ からだ の三つのに取り組むとき、一番最初に取り組むべきものは・・。

子どもの発達を考えるとき 「こころ」「からだ」「あたま」に分けて考えることができます。 「あたま」で気になること 文字に興味がない 数が分かりにくい 漢字を覚えることが苦手 文章題が苦手 ...
子育て

奈良県教育振興会の会報のコラムに時々載せていただいています。今回は、ミケランジェロのダビデ像をつくった話からです。

奈良県で学校教育に関わった人たちでつくる 教育振興会という組織があります。 私も、その会の会員で 年に何度かは学校の職員や保護者に 子育てのことや子どもへの関わり方などを お話しさせていただいています。...
子育て

はればれの午前の療育は、親子でリトミックを行います。親子で療育を行うのは、幼児期に大切な力を育てるためなのです。

幼児期の子どもたちにどの様な力を育ててあげることが大事なのか これまでのいろいろな研究をもとにして正しい関わり方をすることが とっても大切だと思っています。 自分の子どもが幼児期だった頃、今から30年近く前ですが ...
タイトルとURLをコピーしました