ひらがなを習得する前段階として、ことばがいくつの音でできているかを理解することが大切です。

ブログ

ひらがなが読めるようになるためには

ことばがいくつの音でできているか

分かることが大切です。

 

例えば、

いぬは、二つの音

キリンは、三つの音

などです。

難しい言葉でいうと、モーラ分解と言います。

ひらがなが読める子は

このへんの力がしっかりと育っています。

 

児童発達支援はればれでは、

療育の中のプログラムとして

ことばがいくつの音でできているかを

しっかり分かるような取り組みを行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました