児童発達支援はればれ、親子の活動の時間、おうちの人と一緒にフープを使って遊びました。

ブログ

児童発達支援はればれ、親子の活動の時間には、2歳前のお子さんから来ています。

このころのお子さんに必要なことは、人とかかわることが好きになることです。

そのためには、子どもたちが安心して過ごせるように心配りをしています。

 

今日の活動では、フープを転がしたり、追いかけたり、回したり、くぐったりと

いろいろな遊びをしました。

子どもたいは、おうちの人と一緒に楽しく活動をしました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました