児童発達支援はればれ、5歳児クラスの子ども達、我慢する力を高めています。

ブログ

児童発達支援はればれ、5歳児年長の子ども達のクラスの様子です。

 

自分の思い通りにならないと我慢ができない。

やりたいことがあると、すぐにしないと気持ちが崩れる。

こんな時に必要なのが脳の「抑制機能」です。

はればれの、療育の中ではピアノを使って

早い動きやゆっくりな動き、ぴたっと止まるなどを繰り返して

抑制機能を高めています。

子ども達、少しずつではありますが

自分の動きをコントロールする力が高まってきています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました