児童発達支援はればれ、午前の親子の時間は、子ども達が周りの人とかかわる力を伸ばしたり、しっかりとした体づくりを行っています。

ことばを育てる

児童発達支援はればれ、午前の親子の療育の時間に来ている子どもたちは、ことばの面で心配なところがみられるお子さんが多いです。

ことばは、人とのコミュニケーションの道具ですので、子どもが周りの人と関わりたいと思うことができると、自然にことばを使うようになります。

そのためには、まず、子どもが人とかかわることが楽しいことなんだという思いを持たせてあげることが大切です。

 

はればれの親子療育では、人とかかわる楽しさをしっかりと持たせたいと思っています。

そのために、子どもが一番安心できる親御さんと一緒に療育を行っています。

ふれあい遊びなどを親子で楽しむ中で、体幹を鍛えたりして、心と体を育てています。


児童発達支援はればれでは、発語がみられないお子さんなど、ことばの面で心配な事柄があるお子さんの療育を行っています。

1歳代のお子さんから通っていただくことができます。

お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました