児童発達支援はればれ、午前の親子の時間、手先の巧緻性を高めるための時間も療育の中に盛り込んでいます。

ブログ

児童発達支援はればれ、親子の療育の時間に通ってくる子ども達は

まだまだ体全体の動きがぎこちなかったり、

指先を使うような細かな動きがうまくできなかったりします。

 

児童発達支援はればれでは

音楽を使って、歩く、走る、止まるなどの基本の動きを繰り返し行うほかに

手先の細かな動きを高めるための活動も療育の中に盛り込んでいます。

 

ペットボトルのキャップをくるくる回して

同じ色の所にペットボトルのキャップをはめる。

 

指先の細かな動きを高めるだけでなく

子ども達に

色を見分ける力も育てています。

くるくるくるくる

キャップを回しながら、いろいろな力を高めました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました