午前の子どもたち、ことばの土台になる力を育てています。リトミックの中で三項関係を育てています。

ことばを育てる

ことばの遅れが気になるお子さんは

おもちゃやものに対しては関心が強くても

人に対しての関心が弱いことが多いです。

 

その様なお子さんのことばを育てる場合

順序としては

まず、

人と関わることが楽しいと思えること

そして、

三項関係といって、

「大人」が見ている「もの」を感じ取って「子ども」もそれを見るという

大人・子ども・もの の三項関係が育っていくことが大切です。

 

はればれのリトミックでは

おうちの人と手を合わせたり

ものをトントンと合わせたりして

三項関係を育てています。

5月からはればれに通ってくれているお子さん

人と物を使ったやりとりができるようになってきています。

 

ことばを育てるために

きちんと順序立てた療育を行っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました